育メンの育メモホーム

内祝いとは?

メニュー

出産内祝いは早めに決めておくと便利

内祝いとは出産の御祝を頂いた方に、お返しをする風習です。

御祝いを頂いてから一週間〜一ヶ月以内にお返しをする様にしましょう。予算は頂いた金額のおよそ半分〜3分の1が目安で、以前は鰹節や砂糖などが多く贈られていました。

今では同じく幾つあっても困らないタオルや、保存の利く食品など、昔より幅広くなっています。


出産前に内祝いを決めておくと安心です

出産後はまだ体調が戻らないうちに、不慣れな育児をしなくてはならず、産婦人科に行ったり何度も買い物に行ったりといろいろ忙しい毎日。

そんな時のポツポツといただく御祝。

中々その度にお返しをしている暇がなかなか無い。

そうなる出産前に、ある程度内祝いを決めておくと安心です。

ある程度、金額によって決めておくと楽です。

内祝いで選ばない方がいいものは?

昔からお茶は植え替えがきかなく、微妙なものとされています。

どうしても贈りたい時は紅白をイメージした包装にして、おめでたいものだと一言添えた方が良いそうです。



お祝いを贈る時期は?

贈る方はなるべく早く贈りたいと考えてしまいますが、まずは無事に生まれている事を確認しましょう。

出産後は体調が戻らず中々ペースがつかめない事が多いいので、一週間〜一ヶ月ぐらいの間で、幅を持っておくといいでしょう。

生後間もない時は、あまり長居せずに引き揚げるのがマナーです。


食品表示のトリック

育メモショッピング